趣味

俳句マガジン『短歌の窓』

俳句マガジンに 『短歌の窓』 と名付けた短歌のコーナーが始まっていた
いっつも暇なくせにぼーっとしてて気づけず
投稿はまだ 2回 4首にとどまってはいるが身近な俳句マガジンで短歌が始まってくれたのはうれしい

ひと月に2首の投稿で

コメントもいただけたりする

    4月1日に投稿した二首は



◇清々し白き紫陽花神々しヘップバーンの尼僧にも似て

     こちらと

◇神のみぞ知ると応えし花日和花咲けば人ひと寄れば陽の

   この2首で
わたしは 紫陽花 の歌のほうが好きだったんだけれど
花日和 の歌にコメントがいただけた!!

     上の句はよく解らないが「花咲けば人ひと寄れば陽の」とH音の
   多用が面白い。


           ありがとうございます<(_ _)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五月。

◇   待っていてくれる人ある五月ならちょっといそいでいってみようか

◇押し黙る冬を終えたる春が居て青に黄をさす五月の来る

◇    五月から離れてみるはこの頃は笑えないのよためいきばかり

◇     また同じ夏が来るのねもう五月忘れられないこともないのに

     ひさしぶりに ・・ 台所のキフジン cherry

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌時評 ツイッターの可能性 東直子

20日の朝 東直子先生から

 ・・ 朝日新聞 5月20日 朝刊に

『短歌時評  ツイッターの可能性』 

と題して掲載されました。

と 朝のツイートがあった。

東直先生大好き!!

短歌大好き!!・・俳句もだけどね^^v♪

その私の家には 最近 朝日新聞は来ていない ・・ 諸般の事情があって^^v

それで

  駅売り買って読ませていただきまァ~す^^v

と 返信してから ・・・・・

今日でもう 何日?? 5日!! 25日にもなっています(._.)

先生大好き! 短歌大好き!! ツイッターのへばりつき方も尋常じゃないくらいにへばりくっついている私には

・・・・涙sweat02が出ちゃうようなあたたかな文章で ぜひとも読んでいただきたくブログに載せることにした。

   ・・・・・・・・・・

     短歌時評  ツイッターの可能性 東 直子

                    ・・・・・・・・・・

先日 拙小説 『とりつくしま』 の俳優座による舞台化を記念して

「とりつくしま短歌」 を募集した。

死者の魂がとりつくモノを 「とりつくしま」 と呼び

そのモノの視点から短歌を作ってもらったのである。

ツイッターとメールで募集したところ、908首の短歌が寄せられ

穂村弘さんと共に選及び授賞式を行った。

 また、女性向け怪談雑誌『Mei (冥)』の刊行記念として

同じ方法で 「怪談短歌」の募集を行ったが

第1回が 932首 第2回が 750首 と

こちらも多数の応募作品があった。

   ・・ そして とりつくしま短歌と怪談短歌を1首づつ紹介され

・・・・・・・・・・

このような 公募短歌のほかに、

ツイッターでは自主的に好きな短歌を書き、

題詠を企画する試みが行われている。

140字限定のツイッターと短歌は、 相性がいいらしい。

全国で活発になっている 学生短歌会のメンバーも交えた

意見交換もなされている。

それらの活動と連帯してイベントや印刷物も生まれた。

こうしたネット発の活動と従来の短歌の活動拠点である

結社誌や短歌専門誌が連帯してゆくことで、

短歌の新しい地平が見えてくるのではないかと思う。

                  (歌人)

。。。。。。。。。。

というのが 5月20日の朝日新聞 歌壇俳壇のページ

 「短歌時評」に書かれた 東直子先生の

  『ツイッターの可能性』      でした

わたしのような者でも気軽に投稿できるサイトは時代の影響でしょうか 

どんどん減っていってしまいます

それでも こんなにあたたかな目で見ていてもらえたんだと

 ツイッターに載せる歌も いままで以上に愛情を注いでいこう!と

読み終えてやさしい気持ちに なれた20日の朝でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

朝短歌^^v

。。朝短歌の続きです

キライでもまた好きになる起きてくる途中で笑うただそれだけで 4月5日

オハヨウ!が妙な声高朝帰り謝るようなことはなくても 6日

おはようの声に質問ひとつあり昨日の夜のケンカはオワリ?? 7日

おはよう!ってポンと背中をたたいてくお前好きだよ一緒に行こう 8日

窓からの朝知らす声眩しくてもうちょっとだけ窓に云う朝 9日

オハヨウ!!ってなんだかみんなに云いたくて今日からワタシ春服モード 10日

京都から朝の便りが届いてるイイねしちゃたfbの朝 11日

光らせてやってきたんだ朝が今云ってやってよオハヨウとかさ 12日

今日からはソフトフランスパンにしよ朝からカフエオレ飲んでいこうよ 13日

オハヨウといただきますと行ってきます飛び交っているリビングの朝 14日

オハヨウのかすれた声の朝が開く昨日より今日あたたかくなる 15日

起きてくる朝の挨拶ヒトツづつ昨日とちがうなにかをさがす 16日

今日からは別のわたしで生きてゆく君との朝もコレでおしまい 17日

昨日から続いた朝です夜だけじゃ元気になれない朝もあるのね 18日

さむいよ!って私の所為じゃないけれど母さん真似てまァ可哀そう 19日

       冬に逆戻りの今日 19日までやって来ました

 ・・明日は妹 55才の誕生日 です ^^v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

daidokotanka^^v

お勝手短歌 daidokotankaの続きです

珈琲か紅茶にするかフレーバーテイー?どっちにしてもお湯沸かさなきゃ  4月4日

蜆には赤味噌だよって爺ちゃんがそれからずっと蜆赤みそ 4日

母さんの高さなんだと気が付いた流しで腰を伸ばしていたら 5日

お帰りの声に合わせて腹へったァ冷蔵庫だって食べつくしそう 6日

給食の献立表が付いている丸い磁石で白い扉に 7日

もち米に少しうるちを足しといて豆は小豆でうちの赤飯 8日

起き抜けに水一杯を飲み干してコップに告げる今日の体調 9日

水を出し青い焔のガスを点け夜に紛れるお前蹴散らす 10日

今日からはソフトフランスパンにしよ朝からカフエオレ飲んでいこうよ 11日

そして 今日

床下にじゃが玉人参とりおいてそして初めて主婦になれるね 13日

     。。 でしたァ ~ ^^v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

daidokotanka

俵万智さんの 「短歌のレシピ」

こちらの出版を記念してツイッターで短歌添削大会が開かれたことはもうずっと前に記事にしたんだけれど

その時に頂いた

台所の連作 詠んでみたら 。。

という先生のアドバイスに調子に乗って^^v

 #daidokotanka  としてツイートさせてもらっている

今日はそのまとめを少し記事にしてみる

まず 先生の添削のときに提出した歌は

左手に小皿右手にお玉持ちウン!とうなずく主婦一年生

    と この歌がダイドコ短歌の最初で^^v100首詠めるだろうか??

おじゃがからむいてゆきますナンにしよ三つむいたら決まってるかも

ひとり言今日は父さん食べるよね呟きながら水線を見る

菜箸は年の初めに代えるのねお節作りはマンマでイイの??

しょっぱくなくっちゃ旨くないおにぎりの鮭に塩をすり込む

母さんと並んで立ったあの頃の「ねぇ」で始まるご飯の支度

大粒がイイんだ歯応えあるんだとひき割り好きのワタクシに云う

スパゲティ茹でてるときはイタリア人お米研いだらすぐおかあさん

水音をたてて嗚咽を消すと云う鳴き続けてはいられぬ身にて

おかあさん今日はなに?って見つめる目ああ駄目わたしきみの虜よ

隠したいなにかがあって黙々と包丁の峰で牛蒡をこそぐ

牛乳とコーンスープととまジューでお腹ガボガボ飲む朝ごはん

玉葱の皮が私を狙ってる指と爪とに割って入ろうと

牛すねのイイのがあったらビーフシチュー煮込み料理はひと箱吸うね

火の調子肉のご機嫌見てるのよふやけた指でケントを点ける

飛び跳ねてヨロコバナイデおにく!!って昨日もおにく食べてたでしょう?!

 。。 と 主婦でお母さんだった頃を思い出しながらの 

楽しい  daidokotanka  の徒然 ・・でした^^v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

。。。朝短歌

3月12日から ・・

おはよう!が次から次へ駆けてゆくきっと今日また好い日になれる

オハヨウの声だけ聞いていたんだと歯ブラシ銜えたヒトリ笑いよ 13日

起きてまだあなたと居たい今日は雨アイシテルッテ抱いててほしい 14日

今日からはまた次の恋追いかける想い打ち明けひと月の経つ 14日

朝ですよ起きてくださいそう云って家じゅう周る母さんの声 15日

オハヨウって云いたくない日も来るんだねオハヨウの代わりにナニヨ!って云う 16日

鮮やかな朝の光りに起こされる今日も最初のおはようを云う 17日

春と云う名のときなのに冷たくて朝はまだまだ寒いが残る 18日

寒くって起きる気しない朝ですね顔肩腰とたたいて起きよ!! 19日

今日もまだ寒い雨降る朝ですよ1枚多く持って行ってね

          今日は4月2日rain です^^v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

う・た・か・・い ^^v

ケータイ短歌へ投稿してから短歌と云う世界に憧れはあっても

。。人様から批評をいただけると云う うたかい 歌会 というものには

まったく無縁の遠い世界に居た私だったんだけど ・・

  ツイッター歌会 やってみませんか ??

という えっ?? イイの??

なんていう 企画が何回かあったりして

そりゃあもちろん 私の歌なんか

歌の様相も呈していないわけで

 ・・ それでも みんなの中に入って楽しませてもらって^^vいる

11月2日の「ためしに歌会」と題された初歌会で

空に雲指に自分が見えるとき語れぬ恋の終焉近し

  と詠んで ナンと!! 2ポイントもいただいた^^v

自分の歌を見てもらって好くも悪くも批評をもらえてなおポイントが入るって*・*v ものすごい充実感!!

ためしに歌会 は ときどき歌会 と名前を変えて もう4回開かれている

11月21日の歌会は

  実のなる木冬はいいよと婆ちゃんの声するように金柑揺れる

    この歌は4点いただきました

1月11日は

初めてと雪にまみれて嘘を吐く肌赤く染め髪蛇のよう

   このうたは 2ポイントでした

そして 2月5日

  あの時のウエッジウッドが見張ってるカップボードの前の緊張

     自分では好きだったんだけど可哀そうに0ポイントでした

 ついこのあいだ 3月19日

  ふるさとと云わず飛び込め懐へ海ならば母山ならば父

     。。1ポイント^^vでした

そして ちょっと難しかったのは 『序詞』 を ・・ という指示が付いた

空蝉の歌会 でした  こちらへは

  うけらさく乳房の色に赤を入れ生きて身を裂き出づるのあらば

          と 身のうちに宿してはいけない命を宿してしまった女の決意を詠みました    

  こちらは 序詞へ8ポイント 歌へ 4ポイントいただけました

そして 夜のお菓子歌会 と題された歌会では

  どうしても桃缶開けたい夜もある胸にアナタを桃とくちづけ

     と淋しさを桃で堪えようとする女を詠んでみましたが

改作した方が上の句が生きると云う指摘に

  どうしても桃缶開けたい夜もある花一輪もない部屋に居て

          とさせていただきました

楽しいけど疲れる

  疲れるけど また詠んでみたくなる

  追加で一首 ときどき歌会第1回目の歌です

いつもそう少し遅れてついて行くだって雨だしナンか寒いし

。。 今日4月4日になって見つけちゃいました*」*嗚呼・・

   ツイッター歌会でした*」*←カピパラです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

。。朝短歌

#朝短歌 として呟いている 。。 3月の 。。 朝です

オハヨウも靴履きながら食べながら遅れちゃったと飛び出してゆく 3月3日

シアワセ!って跳びついちゃうな今朝の空笑ってハミガキしちゃえるみたい  5日

オハヨウも云わないままで鳥帰る生まれた国へ朝の四十万に 6日

此の侭の私が生きていいのかと水出したままふと立ち尽くす 7日

あったかくなったわねナンテ云う朝はキライひとりじゃいられなくなる 9日

オハヨウの声かけながらiモード見たりしているグズグズな朝 10日

キラキラな朝です今日は少しだけ冬にもどった光る雲です 11日

一筋の涙ひいてもグーの背で押し込むように朝へ歩み来 23日

オハヨウの声もう勢リ立っている婚礼の席の司会をすると 24日

寒いのかあったかいのか教えてとシャツ1枚でオハヨウの後 25日

きっと今日イイコトあるって感じする朝が弾けてお肌ツヤツヤ 26日

起きたはず咲いたはずだよまだ夢の中に居るよな半明けの朝 27日

神妙な顔で云うから笑っちゃうキミと一緒の朝はイイって 28日

オハヨウの声が聞こえる夢の中目覚まし抱えて眠っちゃってた 29日

     。。 もう4月 。。

   びっくりしちゃう速さで通り過ぎてますね bud

| | コメント (4) | トラックバック (0)

朝短歌。。v

ダイドコのネームで毎朝ツイートしている 朝短歌 の続きです

2月15日  オハヨウのうすはずかしく十五日ハミガキ途中のキミを目で追う

16日  あさだよって起こそうかなあァどうしよう私は目覚めた土曜日の朝

17日  おや指をキュッと立ててのウインクで今日一日がイイ日になれる

18日  もうお昼やっと起き出すテーブルの上は昨日が魂っている

19日  もう一回起こして3分寝るからそう云ってまだ起きないふたり

20日  朝の陽が起きなさいって呼びかける起きなさいって云ってもずっと

21日  八甲田以来の雪だよ父さんも寒いねきっと冬の朝だね

23日  起きようよ起きようかァのくり返しほっこり温い布団の中で

24日  おはようもいわないうちにいちにちのはんぶんふたりでぐずぐずしちゃう

25日  桃咲いて菜の花咲いたテーブルはオハよおはよの飛び交う野原

26日  真っ直ぐに立てないくらい辛くって切ない朝は九ちゃん歌ぉ

27日  寝坊した朝の挨拶起こしてる?起きるまでだよちゃんと起こして

28日  ふて寝するわけもわからず泣けてくる持てる言葉の少なくていま

     。。 朝も 2月を越えてきました 。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧