« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

095:養

カーテンの隙間で泣いて次の恋憎しみさえも養分にして

| | コメント (0) | トラックバック (0)

094:訳

詰め寄った私の夜はどうなるの?言い訳くらいしたらどうなの??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

093:癖

いまなんじ??おはようのキスする前に聞いたアナタが癖になってる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

092:モデル

もう一度最新モデル見るまではイチキューロクヨン子供だったし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

091:厄

知らなけりゃ知らないままのほうが好い過ぎてしまえば厄年なんて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090:踏

人として生きるにアラズ踏まれても尚蔓延れるヒト型の草

| | コメント (0) | トラックバック (0)

089:切符

もう一枚どんな夢でも叶うよう桜色した切符ほしいの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

088:聖

歩いてた聖橋から神田まで何も言えずに何も聞けずに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

087:妄

点滴のおちる影にも妄想す5N病棟個室に入りて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

086:火

どうしても頑張るぞ!って月曜日火・水・木となだらか三日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

085:ボール

決めたんだバレーボールに部活をさ父さんナンて云うか楽しみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

084:盟

盟約を結ぶとされた連名の下に吾の名苦し紛れの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

083:ゆらゆら

うらうららゆらゆらゆららゆううらら春の雲ゆく空をゆくきみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

082:派

流派とかあるんだったらキミ派かな??あの一瞬で恋没入サ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

081:徐

徐に切り出す言葉ワカレテが言えず撫でてる珈琲カップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

080:ラジオ

窓際の陽のさすそこがイチバンよラジオの隣ワタシの居場所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

079:冒

冒険の旅に出ますのワタクシは今日から猫のちょっと太めの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

078:邪魔

どっちでもいけど邪魔はするなよナもうキミ猫になったんだから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

077:縛

縛られているみたいなの手も足もうごかせるのにココロがダメよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

076:殿

どうしても間違えちゃうの右ひだりお殿様ひだりだよねって云いながら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

075:ひたすら

知らずしら愛されること欲すれば尚ひたすらに愛すを課さる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

074:副

あの子らもケッコウあれでやってるよオレとオマエの副産物じゃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

073:拗

さっきから黙っちゃってさ拗ねてるの?指輪抜いたり泣きまねしたり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

072:旬

出盛りを過ぎてしまえば人もかも瞬きのごと旬はひととき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

071:バッハ

何故かしら怯えてたんだふたりして音楽室のバッハの視線

| | コメント (0) | トラックバック (0)

069:倫

教生に来てた倫社の林君どうしてるかな?会ってみたいな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

068;索

辞書を引くモノ考えるをナキモノニ検索すればイイでしょナンて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

070:徹

生きていく為の我儘ですものね徹頭徹尾押し切る覚悟

| | コメント (0) | トラックバック (0)

067:きわめて

アナタにはきわめて高い純度のウソをあげるつもりよお楽しみにね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

066:郷

同郷のよしみと云うて剥がされしもの限りなく連れ合いさえも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

065:皺

ゲンキです元気だけどね今一つきっとあの日の皺寄せなのね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

064:漢

またひとついただく命永らえて漢方薬の処方に至り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

062:試合

勝敗のつかぬ試合か幻かこの生きてきた時のすべてが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

063:両

今は未だもろ手を挙げて賛成というわけじゃないせめて両足

| | コメント (0) | トラックバック (0)

061:虎

おかあさんボクも寅年がイイという丑に生まれた小さな虎は

| | コメント (0) | トラックバック (0)

060:レース

レース編む横顔白く冷たくて指に縢思いオモクテ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

059:埃

さあいくよ姉さんかぶりのばあちゃんは埃のたまった冬を浚うと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

058:核

初!天ぷらはじけてとんでヤケドシタ核分裂とかしているみたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

057:おかえり

「おかえり」と「おやすみ」だけは云えよって言ってたよねいつも父さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

056:釣

釣り糸を垂れて三人並んでたそれだけなんだ話もせずに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

055:様

唯一の自慢が生まれた日だというお釈迦様もね一緒なのよと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

054:本音

本音ってそんなに安くはナイものよ生きてるうちは云えやしないは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

053:隊

赤がイイ!兄も弟もヒーローを編隊ものは名前を変えて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

052:路

アスフアルト固くならないうちにって道路整備に足あとつけて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

051:曇

曇らせたはずよねワタシだけじゃないアナタも充分傷ついたはず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

050:革

革靴の近づいてくる音がするナンて云おうか帰りたくない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

049:スマホ

何時からかふたりで居てもひとりづつスマホ画面と不倫関係

| | コメント (0) | トラックバック (0)

047:覇

号砲のその瞬間を逃さじと小さき拳に覇気の宿りて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

048:透

おかあさんどうしたの?ってキミの声透けて見えるの?どう隠しても

| | コメント (0) | トラックバック (0)

046:比

愛してるどのくらい?って聞かれても比べられないとけちゃうくらい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

045:蛸

天上を向いてアラレモナキ姿さらすは蛸のお嫁入りかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

044:消しゴム

机からとんではずんだ消しゴムは廊下をはずみ階段をゆく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

043:定

肯定も否定もせずにいきましょうその場限りよこんな関係

| | コメント (0) | トラックバック (0)

042:うたかた

身はかたく閉じて冬なる朝を超え迎うる春のときはうたかた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

041:症

気がつけばあの冬の日の湯放の朱死への旅路へ至る症状

| | コメント (0) | トラックバック (0)

040:敬

名付けたは敬という字その文字の持つ意味深く読みは幾つも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

039:ケチャップ

シアワセはケチャップ色で旗立てて今日はゼッタイ喧嘩しないで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

038:市

父さんの行くぞは市とつくところ達磨朝顔羽子板市の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »