« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

094腹(映子)

腹帯をフクタイと読む義母さんハラオビと読む父母ワタシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

093わざわざ(映子)

もう少し待ってて夜は長くないわざわざ夢に出なくったって

| | コメント (0) | トラックバック (0)

092徴(映子)

もう行くは風に当たりに少しだけ離れてみるはアナタに微熱

| | コメント (0) | トラックバック (0)

091略(映子)

略さずに愛してほしい唇がおヘソの形も記憶するほど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090山(映子)

山に居て世の不条理を論じたる酒ばかり強き男になりぬ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

089マーク(映子)再投稿

初めてのワンポイントは高三の傘のマークの白いポロシャツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

089マーク(映子)

初めてのワンポイントは高三の傘のマークの白いポロシャツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

088炭(映子)

まさかアレ俺のことだと知らなんだ炭に炙られ替えられた網

| | コメント (0) | トラックバック (0)

087当(映子)

云ってたねあいつ等三日もたないぞってまぐれ当りで三十五年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

086珠(映子)

三月の雨のしずくは珠に似て空映したり君映したり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

086珠(映子)

三月の雨のしずくは珠に似て空映したり君映したり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

085化石(映子)

突き上げる痛みともなり春の香は失くした恋の化石となって

| | コメント (0) | トラックバック (0)

084錦(映子)

官軍の御旗舞うたと言い伝うわが町の名は錦町なり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

083憎(映子)

たんぽぽの穂綿のように憎しみの火の粉は肩に背に髪に降る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

082佳(映子)

佳きことと肌知る人へ祝い言華燭の典の片隅に居て

| | コメント (0) | トラックバック (0)

081付(映子)

今日からは俺の付録だそう云って放りっぱなし開けてもくれない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

080標(映子)

目標はなんでもいいのよ思うことすべて目標それでいいのよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

080 標(映子)

目標はなんでもいいのよ思うことすべて目標それでいいのよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

079筆 (映子)

鉛筆は2Bが好きよ真っ黒で生きてるんだ!って気がするでしょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

078ソース (映子)

お祭りのたびに夢見た大人買い今日は梅ジャム・ソースせんべい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

077等 (映子)

女だしあなたオトコで人としてそれで等しい?肌をよせれば

| | コメント (0) | トラックバック (0)

076舎 (映子)

父さんの故郷は遠き田舎館好きだったっけ白子の味噌汁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

075短 (映子)

少しづつ日も長くなりこの頃は短夜の来る嬉しき兆し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

074唾(映子)

息をのみ固唾をのんで見守れどすべて上向くわけではなしに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

074唾 (映子)

息をのみ固唾をのんで見守れどすべて上向くわけではなしに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

073会場(映子)

会場は四階多目的室です赤い毛氈ひいてあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

072諸 (映子)

いまならばわかる気がする別れると云ったおまえの諸々のこと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

071粉 (映子)

週一に粉ものを出す成長期いくらあっても足りやしないし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

070本 (映子)

重ねたる本の背表紙這うように内視鏡ゆく命を照らし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

069銅 (映子)

離れ居て母の恋しの癒せるは握りしめたる十円銅貨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

068煌 (映子)

香りある花咲くように煌めけ里はじめての恋終わらせし君

| | コメント (0) | トラックバック (0)

067府(映子)

東京が府だったころを知る人とセピア色した話しをしたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

066缶(映子)

最近の内のはやりよおいしいしナにより楽よ缶レストラン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

065スロー(映子)

いつまでも・・いつになったら忘れられる?別れはいつもスローモーション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

064裕(映子)

放課後の三番館は二本立て裕ちゃん旭健さん錦ちゃん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

063丁 (映子)再投稿

諦めることにこの頃お疲れよ丁度いい恋さがし中なの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

063丁 (映子)

諦めることにこの頃お疲れよ丁度いい恋さがし中なの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

063丁 (映子)

諦めることにこの頃お疲れよ丁度いい恋さがし中なの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

062万年(映子)

色付けに置かれてるだけ万年青の実朱がいじけてポロリと落ちる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

062万年(映子)

色付けに置かれてるだけ万年青の実朱がいじけてポロリと落ちる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

061宗(映子)

禅宗の僧侶のような振る舞いで開幕戦はガンバをたたく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

060孔雀 (映子)再投稿

駅前の中華そば屋の壁にある孔雀の羽に魅せられし頃

| | コメント (0) | トラックバック (0)

060孔雀(映子)再投稿

駅前の中華そば屋の壁にある孔雀の羽に魅せられし頃

| | コメント (0) | トラックバック (0)

060孔雀 (映子)

駅前の中華そば屋の壁にある孔雀の羽に魅せられし頃

| | コメント (0) | トラックバック (0)

059税 (映子)

あんまりに可愛いことは罪なんだ君に課税す隷従となれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

058士 (映子)

「にこやかに」努めたいとは思うけど介護福祉士2級を採って

| | コメント (0) | トラックバック (0)

057析 (映子)再投稿

キミなのかあの人なのかさだめらる運命の人今解析中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

057析 (映子)再投稿

君なのかあの人なのかさだめらる運命の人今解析中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

057析 (映子)

君なのかあの人なのかさだめらる運命の人今解析中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

056リボン (映子)

父さんの機嫌がイイとバッテンボーつぶやいてたなボタンとリボン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

056リボン (映子)

父さんの機嫌がイイとバッテンボーつぶやいてたなボタンとリボン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

055夫 (映子)

あの日から主夫にさせたねいまはもう母さんだったみたいな感じ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

054踵(映子)

つま先を指でなぞるの踵からアナタノキスが来る少し前

| | コメント (0) | トラックバック (0)

053腐 (映子)再投稿

いつもそうすぐ下向いて腐るけどほめられたいなら他所へ行ってよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

053腐 (映子)

いつもそうすぐ下向いて腐るけどほめられたいなら他所に行ってよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

053

| | コメント (0) | トラックバック (0)

053

| | コメント (0) | トラックバック (0)

052サイト (映子)

アマゾンの香水サイトに行ってみてふわっと春の匂いがするよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

051緯 (映子)

俺までをどう来たかってそんなことお互い経緯は知らずにおこう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

050答 (映子)

生きていく答えはヒトツだけじゃない指させばもう正解の中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

049尼 (映子)

どうしたの?尼さんになるって飛び出して十日もたずに帰ってきたの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

048負 (映子)

勝ち負けがジャンケンなんかで決められる10才くらいが楽しいかもね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

047四国 (映子)

とうさんへ金比羅山の三度笠修学旅行の四国の土産

| | コメント (0) | トラックバック (0)

046貨 (映子)再投稿

ここでこう踏ん張ってなきゃダメなのよ一円硬貨を見習いなさい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

046貨 (映子)

ここでこう踏ん張ってなきゃダメなのよ一円硬貨を見習いなさい
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

045売 (映子)

婆と子と私のいつも三人で特売玉子買ったあの頃

| | コメント (0) | トラックバック (0)

044らくだ (映子)再投稿

決められしことなりおんならくだには駱駝と呼ばれる日の来ぬことは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

044らくだ (映子)再投稿

決められしことなりおんならくだには駱駝と呼ばれる日の来ぬことは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

044らくだ (映子)再投稿

決められしことなりおんならくだには駱駝と呼ばれる日の来ぬことは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

044らくだ (映子)再投稿

決められしことなりおんならくだには駱駝と呼ばれる日の来ぬことは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

044らくだ (映子)再投稿

決められしことなりおんならくだには駱駝と呼ばれる日の来ぬことは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

044らくだ (映子)

決められしことなりおんならくだには駱駝と呼ばれる日の来ぬことは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

043旧 (映子)再投稿

イイ方を選べなかったかあさんも旧いタイプの女なんだな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

043旧 (映子)再投稿

イイ方を選べなかったかあさんも旧いタイプの女なんだな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

043旧 (映子)

イイ方を選べなかったかあさんも旧いタイプの女なんだな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

042特 (映子)再投稿

偶然が重なることは二回まで三回目からは特別な日よ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

042特 (映子)

偶然が重なることは二回まで三回目からは特別な日よ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

041扇 (映子)

蓮っ葉なおんな片膝立てたまま扇子広げて見る向こう側

| | コメント (0) | トラックバック (0)

040清 (映子)再投稿

愛すれば愛するほどに清らけく誠心誠意真心の嘘

| | コメント (0) | トラックバック (0)

040清 (映子)

愛すれば愛するほどに清らけく誠心誠意真心の嘘

| | コメント (0) | トラックバック (0)

039せっかく (映子)

どうしようっかなんか楽しいことしようだってせっかくふたりなんだし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

038読 (映子)

読み方はどうでもいいのこの文字の形が好きよ「映子」の「映」の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

037療 (映子)

足浴は四十度くらい一時間パパとおしゃべり温熱療法

| | コメント (0) | トラックバック (0)

036バス (映子)

バスタブの真っ赤な薔薇と朽ちてゆく独りでいいの薔薇と一緒の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

035液 (映子)

どうしようとめられないのあつくってアナタにワタシ液化現象

| | コメント (0) | トラックバック (0)

034前 (映子)再投稿

好きなのは斜め四十五度後ろあなたの前は歩けやしない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

034前 (映子)

好きなのは斜め四十五度後ろあなたの前は歩けやしない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

033逸 (映子)

大日本独逸亜米利加伊太利亜露西亜文字の中には戦火の残る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

032昏 (映子)再投稿

ゆくりゆくどちらともなくあるくをあわせときは黄昏黄落の中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

032昏 (映子)

ゆくりゆくどちらともなくあるくをあわせときは黄昏黄落の中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

031認 (映子)

君とまた肌寄せあえる嬉しさよ互いの先に詩を認めつつ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

030物 (映子)

お土産わァって人より物を待っていた彼らも待たれる人になったね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

029尺 (映子)

じいちゃんの自慢は腰の鯨尺いまじゃ貴重だ俺みたいにナ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

028改 (映子)

改良版ワタシになるは洗濯も料理もキッスも上手になって

| | コメント (0) | トラックバック (0)

027ダウン (映子)

いまはまだクールダウンの状態よ口紅だってつけたくないは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

026湿 (映子)

あの日から湿気ったままよナにしてもひとりじゃダメね海に行こうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

025さらさら(映子)

さらさらとさらさらさらと時は満ち試験管にも命は生まる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

024真 (映子)再投稿s

知らぬ間に齢相応の髪になり薄く真白の猫毛になりぬ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

024真 (映子)

知らぬ間に齢相応の髪になり薄く真白の猫毛になりぬ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

023柱 (映子)

少し前ジーンって音が聞こえるの鳴りますよって柱時計の

| | コメント (0) | トラックバック (0)

022砕 (映子)

しばらくは連絡しないそう決めてバレンタインに砕け散るんだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

021小 (映子)再投稿

夏に入る君傍らに居らずとも胸の内なる小さき句碑あり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

021小 (映子)再投稿

夏に入る君傍らに居らずとも胸の内なる小さき句碑あり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

021小 (映子)

夏に入る君傍らに居らずとも胸の内なる小さき句碑あり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

020亜 (映子)再投稿

どうせならキレイさっぱり別れたら亜脱臼してるみたいよ貴女

| | コメント (0) | トラックバック (0)

020亜(映子)

どうせならキレイさっぱり別れたら亜脱臼してるみたいよ貴方

| | コメント (0) | トラックバック (0)

019靴 (映子)再投稿

靴だって靴擦れするさ人だもの切った張ったにならなきゃいいさ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

019靴 (映子)再投稿

靴だって靴擦れするさ人だもの切った張ったにならなきゃいいさ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

019靴 (映子)

靴だって靴擦れするさ人だもの切った張ったにならなきゃいいさ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

018救 (映子)再投稿

数多ある白衣の人のそれよりも人の命の救えるは刻

| | コメント (0) | トラックバック (0)

018数 (映子)

数多ある白衣の人のそれよりも生きるも死ぬも巡りあわせと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

017画面 (映子)

思い出のトップ画面はアナタでもランダム表示よ明日はヒロシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

016荒 (映子)

海越えて風吹き荒ぶとき越えて男と云われるものになるらし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

015衛 (映子)

俺避けるために並べた?除菌グッズ衛生的にってオレ燃えるゴミ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

014込 (映子)

申し込み済ませたからね結婚も百年suicaも君と一緒だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

013刊 (映子)

一日に一句と一首をツイートす日刊ワタシ春特大号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

012おろか (映子)

若者は胸反らしたるいつの日もおろかであることひけらかしたり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

011怪 (映子)再投稿

階段を怪段と書くこの頃は段々君に入り込んでく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

011怪 (映子)再投稿

階段を怪段と書くこの頃は段々君に踏み込んでゆく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

011怪 (映子)

階段を怪段と書くこの頃は段々君に踏み込んでゆく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

010玉 (映子)

玉子酒飲んじゃおうかって肩すくめ悪戯っ子になっちゃう君は

| | コメント (0) | トラックバック (0)

009異 (映子)

それではと異なる道を歩みだす生涯忘れぬ人と為りても

| | コメント (0) | トラックバック (0)

008ジャム (映子)再投稿

瓶詰のあまい季節を演じるのジャムになりたいアナタとふたり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

008ジャム (映子)

瓶詰のあまい季節を演じるのジャムになりたいアナタとふたり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

007度 (映子)再投稿

 
度の過ぎたオンナよワタシそんなこと今更でしょうアンタも齢ね
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

007度 (映子)

度の過ぎた女よワタシそんなこと今更でしょうアンタも齢ね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

006婦 (映子)

もうすぐね重そう腰がつらいわね産婦人科は少しづつ母

| | コメント (0) | トラックバック (0)

005中心 (映子)再投稿

おへそから中心線をひいてゆく人差し指でゆくりうえした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

005中心 (映子)

おへそから中心線をひいてゆく人差し指でゆくりうえした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

004栄 (映子)

繁栄の終わりを知れば尚更の人の温みのあたたかさかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

003要 (映子)再投稿

脇しめて要点だけを云う女カフエの壁にはお似合いかもね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

003要 (映子)

脇しめて要点だけを云う女カフエの壁にはお似合いかもね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

002急 (映子) 再投稿

向山の丼坂は急な坂真っ逆さまに貴方へ堕ちる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

002急 (映子) 再投稿

向山の丼坂は急な坂真っ逆さまに貴方へ堕ちる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

002急 (映子)

向山の丼坂は急な坂真っ逆さまに貴方へ堕ちる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

001呼 (映子)

思い出を呼び出してみるあのころの畳のにおい暮れてゆく音

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »