« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

シクラメン ・・

日当たりの ガラス戸に赤  シクラメン

  shoe

散歩してると ガラス戸越しに いろんな花が

 ・・ 幸せのカタチが ・・ 見えてきます ね ^^v

。。v

赤い花 笑ったみたい かけてゆく

 女の子だネ 赤いスカート

apple

あんまり楽しそうに笑っていると

ふっと 次の瞬間 泣きたくなってしまうようなことがあります ね 。。

。。v

眠ってた ガラス戸越しの日を浴びて

  ついさっきまで 居たはずだった

  bud 。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肌 と 悪夢 ・・

昨日の ぷち短 の お題ヮ

 肌  と  悪夢

でした

採用ならナカッタンデスケド ・・

好みの歌が ・・ 詠めました ^^v

ヒンヤリと 素肌に絹を 着て眠る

  ひとり待つ身の 夜が熱くて ・・

maple

 。。 って少しオトナっぽく 詠んでみました 。。

絹 じゃ 肌の火照りわ 静まりませんよ ね  

悪夢

  悪い夢 見ていたような この恋も

    もうオシマイヨ イブでサヨナラ ・・

heart03

クリスマス って

あんまり好い思い出 。。 って

 ナインですよね ^^v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台所の ・・

台 風の

所 番地は

貴 方なり

婦 ら集まりて

人 の心配 ・・v

^^v

今日は自分で 台所のキフジン 詠んでみました

お前の居るところヮ

捜さなくてもワカルよ

集まって おしゃべり してる ・・

その中 覗けば おまえゼッタイ居るからナ ・・

って よく お父さんに云われていました^^v

台風 みたいに うるさい とか ・・

落ち着きがなくて 目まぐるしい とか ・・

お母さんに云わせると

 ・・ お父さんも 捜さなくても ワカルのよ^^v

   だ ・ そうです ^^v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏やさい ・・

麦太朗さんのところで

 夏やさい と題した 更新があった

。。こんなことができたら 好いなぁ って

ずっと 思ってて居て 。。v

夏やさい

  夏実麦太朗 氏 の^^v

夏 やさい

実 るはたけに

麦 わらの

太 ったかあさん

朗 らかなひと 。。

bud 。。

 映子 の ^^v

夏 からの

実 らぬ恋わ

麦 酒にし

太 く短く

朗 るくやろう !!

^^v apple

 。。。 そして そして

麦太朗 氏 に 詠んで・・いただけました ^^v

台 座には

所 どころに

貴 石ありて

婦 人の像は

人 恋うごとし

cherry

台所のキフジン を 詠んでいただけました^^v

・・ちょっと 照れちゃいます

^^v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六十七で ・・

「つまんない」 それがアナタの 最期の言葉

  六十七で 逝ったアナタの ・・

wine

仲良くしてくれていた友人が まだ 六十七 だというのに 逝ってしまいました

十五年も寝付いていた彼女の 最期の言葉ヮ 

「つまんない」 でした

ご主人も きっと彼女も やっと 逝かれた ・・ という思いもあると思います

残念ですが

よかったネ 

これで 何処へでも行かれるね ・・ って 云ってお別れしました

bud

夕日さす 冬の野原の 人たちは

  みな善き人を 演じ微笑む ・・

maple

まぁ~ 残念ねぇ ~

なんて云って

彼女の死を悼んでくれる人もいますが

命を続けていくことの辛さヮ ・・

続けられなくなった者にしかワカリマセン

十五年

五十二才から 六十七才まで 精一杯 がんばった彼女に

おめでとう ・・ って

言ってあげたい気分です ・・

maple

胸にある 思い出は明日 語りましょう

  今日 傍らで ただ やすみましょう

wine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肌 ・・

先週 ぷち短に投稿させていただいた

・・ 歌 です 

ぉ題 

 肌 ・・

点々と 肌に浮き出る 物語り

  若きあの日も 苦悩のいまも ・・

bud

今月の ぉ題 は 肌 ・・ 

だったら 色っぽい 艶っぽい 歌 と思ったんですが

私に見える 肌 は ・・

気が付いたら シミ も出ている 肌 ・・ だったんです ・・

maple 

うしろ向く 背に思い出を かきとめて

  言葉なしでも 語れるように

cherry

気が付けば 足あとのあり 肌にシミ

  三十年を ともに過ごさば

bud  

もう少し 艶っぽい歌が 好いですネ^^v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋しくて ・・

恋しくて そのヤワラカナ ぬくもりが

  窓越しの愛 指でなぞって ・・・

apple

短歌 フリーペーパー 『うたらば』 さんへ

初めて投稿させていただきました

ぉ題 『温もり』 です

。。。ちょっと緊張 。。 デス wine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆうふおう ・・

6月の 笹公人 短歌プロジェクト

ぉ題 『宇宙』 

こちらに投稿させていただいた 歌です

night 。。

この思い 人差し指で 飛んでゆけ

  宇宙までもと 云わないけれど

        映画 ET の あの人差し指を思って ・・・

night

もしかして 私も UFO で 着たのかも

  星のカチュウシャ もっているもん

         テレビドラマ ロズウエルの恋人達

     あの 彼女達がつけていた カチューシャ を思って ・・

night

ゆうふおう って カナシイ声で歌うのは

  終わった恋を 追ってるからよ

heart03 ・・ ピンクレデイー の あの歌です ・・・

この歌ヮ ま・いいでしょう というコトで 一首採用していただけました^^v

night

人ならば イイジャン 星でもここでもさ

  恋して泣いて うたえばオナジ

wine  自分でも ちょっと投げやりかなあ って 反省していますが ・・

淋しいときって 宇宙人だって 火星人だって ・・

誰だっていいって思っちゃう 人恋しさに ネ ・・・wine

night

ロズウエルを 見てる間に 旅立った

  父さんひとり 星の彼方に ・・

night

父が逝ってしまったとき テレビ ロズウエルの恋人達 を見ていました

ドラマが終わって 父の部屋へ行くと ・・

そこには もう息をしていない父が 一人で眠っていました

今でも一人で逝かせてしまった後悔と 

あれで良かったんだと 自分を慰める気持ちが交互に入り乱れています

night

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »