« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

反省会 その016 館 

016 館

bud。。 待つ身には 館の壁さえ愛おしく

      指でさわって 背をもたせかけ

。。と 題詠ブログに送信しました

館 かぁ~ 。。 って

何処かの建物から出てくる人を待つ そんなときを詠んでみました

出てくるであろう その人を思い

デコボコした壁に 擦り寄っていっちゃったり 。。。

好きな人がやっていること は もちろん

その人の通過した空気でさえ 自分のものにしてしまいたいって

そう思いませんでしたか??

私ヮ 惚れっぽいって云うのか

すぐに好きな人ができちゃうんです

・・ 好かれる っていう訳じゃないんですけどネ

思った人がきっと居る 。。 そんな建物の壁に寄り添っているだけで

充分 満足だったんですよネ

。。

反省会の 016 館 は

  お手水と煙草のニオイ 燻らせて

   映画館には 人生のあり

wine。。

大好きな 映画 を詠んでみました

昔々の映画館ヮ 臭かったんですよネ

。。あそこに居るだけで オトナになった気がしました

明日わ 017 最近 を 反省してみたいと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反省会 その15 ガール

015 ガール

ワタシも と 思う気持ちの 恐ろしさ

  五十五に棲む ガールの肉片

bud。。

題詠ブログへ送信した歌です

「車止めピロー」氏より

 。。。 「ガール性」 なる診断??!が出されてbud

氏 に 気に入っていただけた一首のようです^^v

ワタシも この歌ヮ 陳腐な私にとってヮ ケッコウいい歌だと思って^^v

自画自賛 !! しちゃっております

が。。

歌にあるとおり

すぐに 私も ワタシも。。 って思ってしまうことヮ ツライ結果を生むことが多く

わぁ~!! キャー!!

イイジャン ワタシも ソレ大好きぃ~!!!appleナンテ 云おうモノなら

。。。聞いてないしぃ~ 。。。。。

うるさいし 。。 アンタが好きだと思うと キライになる 

 。。。 と マデ言われたりして @@v

ソレでも 強くたくましく ガールs根性でがんばっている?ワケデス^^v

反省会 の 015 ガール は

bud。。

知りません 私がガールだった頃

  走ってました オンナになると

「ガール性」 きっと ガールに「戻りたい性」 なんでしょうねbud

明日わ

016 館 を

  反省してみたいと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反省会 014 接

014 接

体なら すぐに許すわ クチヅケは

  唇だけは 接触禁止

bud。。っていうのが 題詠ブログへ送信した 歌です

。。接 。。 そんなに悩まないと思ったんですけど ・・

コレにヮ ちょっと 悩んじゃいました --v

。。でも オンナの人なら 唇ヮ サイゴ ・・

っていうのが 判るって云うか 普通だと思うんですけどぉ^^v

夫婦喧嘩した時なんか 

。。もう絶対 「キス」 わ しない !!

って思いながら ダンナの顔見てますケド 。。

私だけじゃないですよネ

唇 は 大切 kissmark です^^v

反省会の 014 接 は

bud コドモ②を詠んでみました ^^v

好きなもの アーク溶接 アキバ系

  人とのそれわ 難問みたい bud

。。って どうでしょう ^^v

数学にヮ強いんですけどネ 。。

明日は 015 ガール を詠んでみたいと思います

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反省会 その13 元気

013

そんなこと聞くなよ此処で 術着だよ

  麻酔の元気 少しあるだけ

bud 。。

って 題詠ブログへ送信しました^^v

クセになっているんでしょうね 。。

どんな時でも どこでも 『元気』?? ナンテ聞いちゃう 。。

聞いちゃう っていうよりも 『アラ』^^v ナンテいうのと オナジ言葉 ナンでしょうね 

手術室の前に ストレッチャーに乗っているとき 。。

云われたんです

sign02 あらぁ どうしたのぉ?? 元気だったぁ~??? って^^v

術着に着替えて アレって紙なんですよ 寒いの 。。

手術室に入るのを待っていたとき 元気ぃ~^^??ナンテ

顔見知りの外来の看護師さんが その日たまたま 手術室に来たんですって^^v

アトから 「よく言うよ」 って 大笑いしちゃいましたけど 。。

彼女曰く

だって 。。 知らないフリ 出来ないでしょ したら 。。イヤでしょ 

ですって^^v 病棟からの軽い麻酔が利いてきて ・・

トロン とした 最後の ? 元気 ?? を詠みました

反省会の 013 元気 は

bud。。

元気で と 云わず帰ったあの夜に

      逝ってくるよ と 云わずに 逝った 

     。。

budアタリマエなんですが 。。 いろんな偶然に 泣かされて 歓ばされています ね

明日は 

   014 接

を 反省してみたいと思いますwine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反省会 012 穏

穏 

つまらぬと云えば云えそな ソンナ日わ

  穏やかと云う 薄めの煎茶

bud。。

って 題詠ブログにわ 送信しました^^v

この 穏やか 老眼君のセイか ??

隠れる という文字と間違えて送信してしまい 。。

他の人の歌とは まったく違う意味合いに 。。 ハッ!!と気づいた時にヮ

顔から火が出る って云うんでしょうか 。。

まさしく その 火が出てしまいました impact

その 間違えた 隠

『隠』わ

丸き影 二つ三つ四つ重なりて

  隠居部屋にて お茶すする 子ら  bud

。。

文字が違っていたんですが

子ども達が 小さい頃

父の部屋に入ったきり 一日中 おじいちゃんとおばあちゃんと同じ物を食べ

ナニが楽しいのか 笑い転げていた様子を 詠みました

『穏』 でも お茶 を詠みましたが 。。

ものを思うとき

あの お茶の緑は 気持ちを静めるような 。。

もう一回がんばろう!! 考え直してみよう 。。 と

背中を押してくれる力になるんじゃないかなぁ ナンテ 。。bud

反省会の 012 穏 は

 手の中に湧き出るような真緑は

  穏やか破り抹茶になりぬ

お抹茶の あの茶せんのうごきって 。。穏やかじゃないですよネ

明日は 013 元気 を反省してみようと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反省会 その11 青

apple。。

ほとばしる 若さのしるし 青林檎

  苦きもヒトツ 好き味の内

。。bud 

っていうのが 題詠へ 送信した 歌でした

青 。。 って あまりあり過ぎて 。。

青年 青春 平青 。。 ヮ 違うネ^^v

12月生まれの私ヮ 青い石 トルコ石が誕生石なので 。。

トルコ石 で 青 を 詠もうかと考えましたが

蒼い くすんだアオ というこちらの方が トルコ石 ??

と思えて 青でヮなく ミドリ林檎 の 青林檎 を 詠みました

あの 青林檎のほとばしるような果汁と 渋みを と思いましたが

渋み とせず 苦味 と 多感期に味わうであろう

苦さを 思ってみました 。。bud

反省会の その11 青 は

bud

なんであろう ナンであったか 青春わ

  なんだ と問えば みな走り出し

 。。 夏木陽介さん でしたよネ^^v

明日は 012 穏 を 反省してみたいと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反省会 010 かけら

題詠ブログ 2010 へ 送信した 「かけら」は

かけら でも 血の色してる ココロだよ

  持ってかないで ウチのヒトやし

bud

という 一首 でした

。。かけら かぁ~ 。。。。

きっと 気張ったのが送信されてくるんだろうなぁ 。。 って

このお題は チョット 楽しみでもありました 。。v

 私の 気張り ヮ 。。 「ウチのヒトやし」 という

最後の七文字 関西風に 。。チョット小悪魔風?? に出ればいいなぁ

ナンテ 欲張ってみました

100首 終えた中で 気に入っている 1首 です

反省会の 010 かけら は

bud。。

背中見せ 笑っているわ ダイジョウブ もう中学よ アナタの かけら

。。

かけら にも 色々あるものですネ 。。

明日は 011 青 を 歌ってみたいと思いますbud 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反省会 その9 菜

009 菜

題詠ブログ2010 へ 送信した歌わ

 菜の花のブーケを持って

        待ってます

       丸太作りのチャペルの前で

bud 。。

っていう歌でした^^v

な・菜・菜・サイ・さい ・・・・・

ってイロンナ言葉を思いました

野菜 白菜 根菜 サイ?? お野菜^^v ってイウノモ ね

だけど未熟者だからでしょうか ・・

ミタイナ ・・ で イインですケド

「歌」 になってくれないんです

思いっきりカワイコぶりっ子^^v して

  菜の花のブーケ 。。ナンテ イイかもぉ~。。。heart04 って

詠んでみました^^v

そう云えば 三月三日桃の節句わ

父の誕生日でもあったんです 。。

反省会の 009 菜 は

   bud  菜の花と桃の花とで飾りましょう

  父さんもうすぐ 八十なのね

父が亡くなって もう今年で9年目になりますが

毎年 年を重ねていってくれるようです

明日は 010 かけら を 反省してみたいと思います

| | コメント (2) | トラックバック (0)

反省会 その8 南北

悩んだ末に送った 南北 は

南北の極に挟まる この星の

  みどり野に生き 蒼きに生きる

南北 で ナニかコトバあるぅ~ ??? って

家族で ナイ頭を寄せ合いましたが 。。

あまりソレらしいのが浮かばず

。。極!! 南極 北極 二つあるじゃん^^v と

飛びついてしまいました

みどり野に生き 。。わ すぐに出たんですが

海の色ヮ 何色だろう 。。。?? と

青? 藍? 蒼?? と あお アオ ???

結果 選んだのヮ 好きな文字の 『蒼』にしてみましたwave

文字の意味が違っているかもしれないんですけど 。。

文字の形が 好きなので 。。。v

反省会 の その8 南北 は

キミのその 裾ひるがえし 跳ねていく

    ゆれるオサゲは 南北にあり bud

。。

やっぱり 南北ヮ 難しかったミタイデス^^v

明日ヮ 反省会の 009 菜 を歌ってみたいと思いますbud

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反省会 その7 決 

題詠ブログ へ 送信した

007 決 (映子)  は

明日への 気持ちを決めて 病棟の

  朝わ 重たく そして 清しく

というものでした

50才から病気のしっ放しで

。。。どうしてェ??

ナンで???

ナンで マタ私なのぉ????? 

っていう 病気の神様に対して この「理不尽」さを どうにかして下さい!!

説明の付くようにしてくださいって

自分の中で 闘っていました 。。

ナンでこうなったんだろう 。。って 事件でも紐解くように 。。

一晩中 悩んで

ガンバルっきゃ ないねweepナンテ

自分自身に 納得させているんです

病人が 。。 病棟が 妙に明るいのわ 。。

そのセイかも知れないです ネ

反省会の 007 決 わ

決めた 決めれば 決めよう 決めろ

  ゆれるの私 決められないの

と 毎日悩み続けている 私を詠みましたwink

この次ヮ チョット難しかった 

  008 南北   を反省したいと思いますbud

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反省会 その6 サイン

006 サイン (映子)

もうすぐネ アナタにビーム しちゃうから

  チョコより甘い 私のサイン

バレンタインデイを控えた 2月3日のトラックバックでした

この頃 はじめて 『恋』 と呼んでもイイような モノヲ 体験している

コドモ① を見ていて 思わず出てしまった 歌です

人を好きになって はじめて人になれるんだよ って

誰だったかに 云われたことがあります

いま コドモ①ヮ 人になろうと オトコになろうと 。。 頑張っているようです

後ろから見ていると 爪先立ちで 危なくって仕方アリマセンが

きっと どこの親でも オンナジなんでしょうね

私も 父と母に そんな心配をかけ続けて居たんだと思います

反省会 その6 サイン ヮ

手を挙げて タクシー止める その仕草

  まだ出来ないの オトナのサイン

ナンか 気恥ずかしいって云うのかナ

。。カッコよく 挙げられたかな?? とか

運転手さん どう見えたかなぁ・・・?? って ネ^^v

明日ヮ 反省会の   007 決

 此方を反省したいと思います ・・ wine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反省会 その5 乗

005 乗 (映子)

乗ったまま降りられなくて 大阪へ 混んでただけの キミとの理由

まだコドモを抱っこしなきゃならないような時

妹のところへ行ったんです 私と母と コドモ①で

仕事があるから一緒に来れないって 東京駅に送りに来てくれた

ちゃきちゃんヮ 。。 ①を抱いたまま 。。

大阪じゃない 。。 あの時ヮ名古屋まで行っちゃったんです^^v

あっ!! と思っている間に キュヮぁ~ンン♪ って鳴ったが早いか

もう ビューン ってイウカンジニ 新幹線ヮ 出発しちゃいました

ギューギューの新幹線に 子供を抱いて 。。 名古屋まで立っていましたね

この話題で当分笑っていました ^^^vv

反省の 005 乗 ヮ

何故か皆 顔をそろえて来るを待つ 乗り合いバスの右へのナライ

。。いっつも不思議に。。可笑しく 思っていたんです

ナンで皆 オンナジ方むいて待っているんだろうなぁ~ 。。 って

停留所のあの大きなしるし

アレの向きを逆にすれば 左側に並べばってイウコトなんだけどね

ミンナ前にむいて 。。 待っていられるんじゃないかなぁ~ 。。

ナンテ ね ^^v

振り返った状態で。。バスを待つ でしょ

顔がアッタリすると ミンナ一瞬 どうしたらいいんだろう???

っていう顔 してるんだ 。。 それを見るのも 面白いけどネ

 明日の 反省会^^vヮ

  006 サイン  を 歌ってみたいと思いますbud

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反省会 その4  疑

疑問符をつけて送信 シアワセ?と

  付いたの受信 ワカラナイの??

。。

って コレが 題詠ブログ へ 送信した 歌

。。シアワセ??

。。愛してる??

聞いてみたいときも あるでしょ

 。。 シアワセだよ とか

    愛してるに決まってるじゃない 。。 とか

。。じゃナクテ

。。。。。ワカラナイの 。。。。?? 

そう云って欲しい時もあるよネ

アナタの胸に聞いてみたら 。。 ナンテwineネ^^v

そんな私を 反省してみました^^^vv

。。

もしもって 疑い深い性格よ

   アタシだったら ウソついてるもん

。。

明日ヮ 005 乗 を 反省会してみたいと思いますbud

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反省その3 公園

前の日から 雪になって 東京は真っ白になっていました

トラックバックした 003 公園 は

雪音の軋む足あと光らせて 思い出たどる 白き公園

 というものでした

ウチの裏手に 公園があるんです

003 公園 かぁ~ 。。 と ぼけーっと見ていて 。。

白い公園 いいかも ネ^^v

「軋む」 という言葉が沸いたときにヮ チョット嬉しくなってしまいましたnote

そして

今日の 反省会の 003 公園 ヮ ・・

噴水の音に誘われクチヅケた あの日は遥か 日比谷公園

公園には思い出がありすぎて 。。

明日は 反省の 004 疑 を歌ってみたいとオモイマスbud

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反省会 その2 暇

『題詠ブログ 2010』 に送信した 『暇』は

002 暇(映子)

圧巻わ そうだと感じさせぬこと

          趣味の時間の 裏側の暇

。。。。 でした

コレヮ 自分にね。。

車イスで 主婦っていう立場も お母さんって云う立場も 見えなくなってきちゃいそうな 。。

そんな自分にヮ 最近 歌やら俳句やら 絵てがみ ナンテ 。。。

趣味の時間 と呼べるようなものが増えてきちゃった 。。。

あ~ぁ アア~ 。。 

生きてることを 楽しんでる そう見せるのも ヨウイジャナイワ って

皮肉っぽいっていうのか 。。

自虐ネタ 。。 でした

「趣味の時間」 っていう言い回しに もっとイイ アイテムヮ無かったかな??

NHK の 『趣味の時間』 アチラを思ってしまうかなぁ~??

と首をカシゲナガラ 他の言葉を捜しましたけど 。。。

コレ!! っていうのに巡り会えず 『趣味の時間』のままで送信してみました

反省の002

サイレンと共に訪ねし棟の在り 暇ともいうか イキルを続け

次ヮ 003 公園 です 。。 bud 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

反省会 その1 春

待ちに待った 題詠ブログ 2010 での 100首を あっという間に終えてしまって

。。。。あぁすればよかった こう書けばよかった 。。 と思いながら居たところへ

比呂介先生から ・・もう一回 走ってみれば ?? というアドバイスを頂き

。。。?? 題詠ブログ管理者の五十嵐さまへ 

ダメと承知で 伺ってみました 。。。

コレが 。。 やっぱりダメで

ヒトリ 一題 一首 という 潔さも 題詠の魅力なんだぁ って

アラタメテ気づかされた と云うわけですが

自分のブログで 。。どう?? という雰囲気もあって^^v

「反省会」 というネーミングで

001 春 から 順に もう一度 走って 。。 でヮなく

歩いてみたいと思います 。。。。。shoe

今日 は まず 001 春  から 反省してみたいと思います

001 春 (映子)

この春も やさしくあれと もも色の

     明日を夢見て  首すくめ 今日

   。。。 というのが 題詠 へ 送信した

私の 春 を 詠んだ 歌 です

この日は もしかしたら 雪が降るかも ・・ って ニュースで云っていて

夕方からだったかな ?? 東京が雪で真っ白になった

あの日に さ・む・・う・い・・・ っていう感じに 縮こまっている私を詠みました

題詠 2010 に参加させていただいて 最初の歌だったので 。。。

ド・ど・ど・どうしようかぁ~@@v って云う気持ちで 

はじめの一歩 だったのに ナンだか不発 。。 っていう感じでした

 もっと イイ春 来るはずだったのにぃ~!!

って云うところでした

で・ 反省会 での 001 春 は

降りだすも 紺のサージに弾かれて

  雲間に消ゆる 春の雨かな

。。。。 って 「紺のサージ」 が使ってみたかったんです

でヮ また 明日は

002 暇  を反省してみたいと思いますbud

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完走報告 (映子)

たくさんのミスを許していただいて ありがとうございます

今日 2月10日 もうすぐ19時です 100首 完走いたしました

はじめて参加させていただいて とても楽しい時を過ごさせていただきました

題詠 とは云えぬ ワタシの呟きですが ・・ ありがとうございました

| | コメント (10) | トラックバック (2)

100 福 (映子)

泣き笑い あの日は父さん母さんと

   福良雀がくずれてきたね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

099 イコール (映子)

感謝はネ してるよダケド ダメみたい

  トコトンいくと イコールじゃナイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

098 腕 (映子)

腕に巻く包帯の下の蒼い花

  心の傷になったね 父さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

097 換 (映子)

人生が 交換なんてできるなら

  でも イイやまた ワタシで イイや

| | コメント (0) | トラックバック (0)

096 交差 (映子)

知ってたよ キミが居たって知ってたよ

  あの交差点 俺たちダメだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

095 黒 (映子)

黒かった 鉛筆ナメテタ ベロの色

  見たくなかった 夏の日のコト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

094 底 (映子)

堕ちてゆく 底の底までオチテユク

  海の中だよ 波の下だよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

093 全部 (映子)

そんなこと云わない 全部欲しいって

  彼女にアゲル アナタも あるわ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

092 烈 (映子)

日に焼けた鮮烈過ぎる思い出が

  私の生きる支えになった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

091 旅 (映子)

ありがとう ありがとうって云っておく

  楽しかったよ アナタとの旅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090 恐怖 (映子)

恐怖にも似た感覚ね 寒いもん

  別れようって アナタが云うから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

089 泡 (映子)

云わないで キエテイクって 泡だもん

  綺麗に消える それが仕事よ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

088 マニキュア (映子)

物語り 作って塗るのマニキュアの

  苦労した 赤 冷静な 白

| | コメント (0) | トラックバック (0)

087 麗 (映子)

キミのその オッパイ飲ませる横顔に

  『麗しい』って言わせてよボク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

086 水たまり (映子)

云われたよ 水たまりみたいな奴だって

  逢って十年 飽きられたかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

085 訛 (映子)

父さんの津軽訛を真似てます

  白黒テレビ 見てる夜にね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

084 千 (映子)

数えても かぞえてもダメ 千 までわ

  アナタを愛すコトと似ている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

083 孤独 (映子)

指で突く オンザロックのひとり言

  孤独のお供に 如何でしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

082 弾 (映子)

銃弾を炸裂させたような 恋

  きっとできるよ まだ50だよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

081 シェフ (映子)

私にわアナタがシェフね 好きにして

  ワタシのときわ アナタが 具材

| | コメント (0) | トラックバック (0)

080 夜 (映子)

色が行く 灯かりの色が 漏れて来る

  夜はシアワセ 確認タイム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

079 第 (映子)

ニッコリと 可能性あり って 云ってきた

  落第なんて ナンの此れしき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

078 指紋 (映子)

磨いてた ケータイなんて置いとくからよ

  つけてあげたよ ワタシの 指紋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

077 対 (映子)

対 ワタシ  結婚してって云ったでしょ

  そのときアナタ もう 負けテンの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

076 スーパー (映子)

此処よココ スーパーなのよ 母さんは

  二十四時間 営業なのよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

075 微 (映子)

微かにも ココロに刺さる言葉あり

  邪魔よデキナイ できる筈ない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

074 あとがき (映子)

あとがき の ような私のこの頃も

  母親であり 女房であり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

073 弁 (映子)

駅弁は『コレ』と まっすぐ指をさす

  「イカめし」 の先に 「蟹めし」 のあり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

072 コップ (映子)

夢に見た 南の海をコップへと

  魔法の泡です 琉球ガラス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

071 褪 (映子)

褪せたはず 中央線に怯えてる

  沸々と湧く 愛された過去

| | コメント (0) | トラックバック (0)

070 白衣 (映子)

白衣から覗く知性を表せば

  黒になるわね そう 今日も クロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

068 島 (映子)

島までと泳ぐアナタを追いかけた

  十七だった 抱きしめていた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

068 怒 (映子)

こんな時 思い出すのよ 怒ってた

  小さかったね あの日のコトを 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

067 匿名 (映子)

泣きたいよ アナタを好きになっちゃった

  天気 好すぎる 匿名の恋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

066 雛 (映子)

うす暗い客間で 雛のぉ道具で

  あそぶ姿は 十二単よ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

065 骨 (映子)

お父さんですよ と もらった のどぼとけ

  骨が笑った そんな気がした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

064 ふたご (映子)ー再投稿ー

ふたごなら いいねって云った あの頃も

あったけど もう 年子で六人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

063 仏 (映子)

神様も 仏さんにも お願いシナと

  頭を押した 母さんが居た

| | コメント (0) | トラックバック (0)

063 ふたご (映子)

ふたごなら イイねって云ったあの頃も

  あったけど もう 年子で六人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

062 ネクタイ (映子)

苦しむがイイと アナタの首元に

  結んであげる 魔法のネクタイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

061 奴 (映子)

奴だって やっぱり奴だ それだけで

  充分過ぎたよ 逝ってる先に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

060 漫画 (映子)

漫画だね 漫画かよってナによそれ

  ゴルゴ13 ムズカシイのよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

059 病 (映子)

病棟のドアが閉まるの ギギギ って

  朝を焦がれる 夜の始まり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

058 脳 (映子)

脳のヒダ 伸ばしていって 何処へ行く??

  好きなアナタのとなりへ行くわ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

057 台所 (映子)

泣き場です キッチンなんて ウソばっか

  台所ナンテ 泣くところだよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

056 枯 (映子)

枯れていく 木も人も地も みんな皆

  生きてくコトを 甘く見ていた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

055 アメリカ (映子)

親切でやさしい国 と 思ってた

  陽が燦燦の アメリカだって

| | コメント (0) | トラックバック (0)

054 戯 (映子)ー再投稿ー

いいんです 置いてくれれば いいんです

  ピンボール置く 遊戯場なら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

054 戯 (映子)

いいんです 置いてくれれば いいんです

  ピンボール置く 遊戯場なら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

053 ぽかん (映子)

泣きそうよ アナタが逝ったあの日から

  ぽかんと浮いた 柚子さえ背中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

052 婆 (映子)

アナタには 誰かがヒトコト云わなきゃね

  そうよワタシは 砂かけ婆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

051 番号 (映子)

あったよ と 振り返ったね あの顔と

  忘れられない 受験番号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

050 虹 (映子)

ホースから出づる水にも 虹の浮き

  赤 橙 黄 緑 青 藍 紫

| | コメント (2) | トラックバック (0)

050 (映子)

ホースから出づる水にも 虹の浮き

  赤 橙 黄 緑 青 藍 紫

| | コメント (2) | トラックバック (0)

049 袋 (映子)

泣いていた 池袋まで泣いていた

  降りると元気な母さんだった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

048 来世 (映子)

近未来世界のナニが変わっても

  変らぬ愛を 誓います 今日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

047 蒸 (映子)

店先はドライの匂い 父さんが

   蒸気アイロン アテテルにおい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

046 じゃんけん (映子)

頬杖をついたままでの 指先わ

  オトナのものよ じゃんけんポン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

045 群 (映子)

群青のその響きにも魅せられて

  好きな色コレ 地の青き色

| | コメント (0) | トラックバック (0)

044 ペット (映子)

そういいコ キレイになれた イイみたい

  ペットにしてる  マニキュアの指

| | コメント (0) | トラックバック (0)

043 剥 (映子)

泡立てたボデイーソープで剥がせると

  タカをくくった 昨日が粘着く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

042 学者 (映子)

どう思う? その時だけは 落ち着いて

  父さん貴方 生きてく学者

| | コメント (0) | トラックバック (0)

041 鉛 (映子)

アナタへのオモイ心にヒッカカル

  グラスに沈む 恋 鉛色

| | コメント (0) | トラックバック (0)

040 レンズ (映子)

キミ色のレンズにボクわどう映る?

  サカモトリョウマに映るとイイナ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

038 怠 (映子)

愛してる ありがとうって怠けたね

  ボクとキミとが 背中見ていた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

038 空耳 (映子)

空耳じゃないってコトわ 知ってるよ

  クスリ飲んだか ?  聞こえているよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

037 奥 (映子)

奥入瀬 と 父がよく言うあの風に

  少し真似てる 東京育ち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

036 正義 (映子)

オハコダヨ 正義の味方の 月光仮面

  前奏つきで 歌っちゃうから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

035 金 (映子)

寝返りもうてず一日床の中

  指の金色 揺らして眠る 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

034 孫 (映子)

片麻痺の私に「孫」のリハ開始

  重石を入れた 人形を抱く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

033 みかん (映子)

お炬燵でみかんむいてる それだけで

  その人のコト わかったりする

| | コメント (0) | トラックバック (0)

032 苦 (映子)

素のままに 苦きも好と招き入れ

  今日までの我 忘るべからず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

031 SF (映子)

SFを 少女フレンドと読んだ日は

  一日中が 活劇だった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

030 秤 (映子)

秤には載せられないよ 恋だもの

  思う気持ちは 軽くてオモイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

029 利用 (映子)

この日まで ご利用アリガトウ と云う

  デパートメント 最後の挨拶

| | コメント (0) | トラックバック (0)

028 陰 (映子)

梅の香の ゆれる陰にも 寒くあり

  夏風鈴の ゆれるや恋し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

027 そわそわ (映子)

本命の チョコ来るあても なきにしも

  そわそわしちゃう ココロが寝ない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

026 丸 (映子)

丸き影 二つ 三つ 四つ 重なりて

  好きこともありと 泣き笑いかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

025 環 (映子)

二台前 アナタの姿 見えてます

  ただ回るだけ 環状七号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

024 相撲 (映子)

サッカーも野球もテニスも 見に行った

  国技っていう 相撲はマダです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

023 魂 (映子)

魂に 愛してるって 云ってみた

  お腹と胸と 空に向って

| | コメント (0) | トラックバック (0)

022 カレンダー (映子)

カレンダー キミと見つめたあの日から

  2月 3月  14日 だけ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

021 狐 (映子)

わかってる アナタが狐だってコト

  夫婦喧嘩で シッポ出てるよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

020 まぐれ (映子)

気まぐれは ボクの専用アイテムさ

  キミにやられちゃ 追てケないよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

019 押 (映子)

押入れの上と下とで呼び合った

  「オクサン」と呼ぶ おくさんごっこ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

018 京 (映子)

月の出を 待ちて歩かん 京の町

  黒く輝く 歴史の街を

| | コメント (0) | トラックバック (0)

017 最近 (映子)

認める が 認知 に見える 最近は

  傷ついてるよ ココロがイタイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

016 館 (映子)

待つ身には 館の壁さえ愛おしく

  指でさわって 背をもたせかけ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

015 ガール (映子)

ワタシも と 思う気持ちの 恐ろしさ

  五十五に棲む ガールの肉片

| | コメント (0) | トラックバック (0)

014 接 (映子)

体なら すぐに許すわ クチヅケヮ

  唇 ダケヮ 接触禁止

| | コメント (0) | トラックバック (0)

013 元気 (映子)

そんなこと聞くなよ此処で術着だよ

  麻酔の元気少しあるだけ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

012 穏 (映子)

つまらぬと 云えば云えそな ソンナ日ヮ

  穏やかと云う 薄めの煎茶

| | コメント (2) | トラックバック (0)

012 隠 (映子)

子どもらが 声響かせて 隠居部屋

  重なり合うて お茶すする 子等

| | コメント (0) | トラックバック (0)

011 青 (映子)

ほとばしる 若さのしるし 青林檎

  苦きもヒトツ 好き味の内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

010 かけら (映子)

かけら でも 血の色してる ココロだよ

   持ってかないで ウチのヒトやし 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

009 菜 (映子)

菜の花のブーケを持って 待ってます

     丸太作りの チャペルの前デ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

008 南北 (映子)

南北の極に挟まる この星の

    みどり野に生き 蒼きに生きる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

007 決 (映子)

明日への 気持ちを決めて 病棟の

  朝わ 重たく そして 清しく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

006 サイン (映子)ー再投稿ー

もうすぐネ アナタにビーム しちゃうから

  チョコより甘い 私のサイン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

006 サイン (映子)

もうすぐネ アナタにビームしちゃうから

  チョコより甘い 私の サイン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

005 乗 (映子)

乗ったまま降りられなくて 大阪へ

  混んでただけの キミとの理由

| | コメント (0) | トラックバック (0)

004 疑 (映子)

疑問符をつけて送信 シアワセ?と

  付いたの受信 ワカラナイの??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

003 公園 (映子)

雪音の軋む足あと 光らせて

  想い出たどる 白き公園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

002 暇 (映子)

圧巻わ そうだと感じさせぬこと

  趣味の時間の 裏側の暇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

001 春 (映子)

この春も やさしくあれと もも色の

   明日を夢見て  首すくめ 今日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »